※セッティングモードをONにしてロゴを変更してください
 

お知らせ

NetCommons biz にようこそ

NetCommons がビジネスになると思っている人へ
このサイトは、NetCommons でビジネスをしようと思った人への情報提供を目的です。私自身は、NetCommons を使ったサイト構築をクライアントに提案しています。自分の事例はすみません公開できないのですが、他の方の事例で公開されているものを中心に紹介していきます。

想定される閲覧者
このページの閲覧者(企業)は、次のような人(企業)を想定です。システム開発こみのサイト構築で、1案件あたり300万円程度の開発を行う企業(人)です。

NetCommons の優位性は、グループウェア機能
NetCommons は、それなりに機能がありますが、CMSとして、カスタマイズせずに使う案件の場合には、多くの場合、wordpress で十分もしくは、デザイン面ではずっと劣る場合があり、それほど優位とはいえません。NetCommons は、CMSというよりは、グループウエア的な機能があり、ある種のWebアプリケーションとしては、ビジネス的な優位性があります。

ビジネスするならコモンズネット会員に
NetCommons をつかってビジネスをしたいなら、コモンズネットの会員になるのが最初の一歩です。コモンズネットは、NetCpmmons の普及促進を行うNPO法人です。NetCommonsに興味をもった人は、まずはコモンズネットの会員一覧を見るでしょう。

NetCommons はこれからビジネスになるのか?
答えは、Yesだと私は思っています。小中高におけるNetCommons のシェアは圧倒的です。これからは大学にはいっていくでしょう。大学をクライアントとしているIT企業(Web制作会社)にとっては、新しい提案をするよいチャンスです。何故、NetCommons が大学にはいるかというと、日本の研究者情報ポータルのResearchmap が、NetCommons でつくられており、連携においてNetCommonsに優位性があるのです。国立高専ポータルは、Researchmap 連携をしたNetCommons で構築です。事例紹介は構築したオープンソース・ワークショップにまとまっています。
 

日誌

ネットコモンズ情報
2013/12/29

国立高専研究者ポータル

Tweet ThisSend to Facebook | by:webmaster
国立高専研究者ポータルが、NetCommons で構築されました。
NetCommons の構築を数多く手がけているオープンソースワークショップによる構築です。詳しくは、こちらをどうぞ

ビジネス的に、重要なことは、ReaD&Researchmap連携です。ReaD&Researchmapは、日本の研究者情報ポータルです。研究者について調べようとするなら、まず確実に利用するポータルサイトです。国立高専研究者ポータルは、ReaD&Researchmapと情報連携する必要があるので、ReaD&Researchmapと親和性の高いNetCommons で構築は当然の流れでしょう。

調達仕様にNetCommons が明記
調達仕様にも、NetCommons の名前がでてきます。受注条件の中には、NetCommons の開発経験があることが明記されています。

大学におけるNetCommons 導入の可能性が高まる
今後、ReaD&Researchmap と情報連携するサイトは、NetCommons での構築の可能性が高いといえるでしょう。大学にはWeb上で公開する教員情報をがあるのが通常ですが、データのメンテナンスを考えると、ReaD&Researchmapとの連携は重要になってくるでしょう。教員情報をホームページビルダーなどをつかって静的なHTMLで構築している場合にはデータを最新の状態にするのは非常に手間がかかります。そういった大学は、価格さえ妥当ならば、NetCommons によるサイト構築をするはずです。特に静的なHTMLでのサイト構築をしている大学は今後、NetCommons導入の可能性があるでしょう。そういった大学を顧客にしているWEB制作会社は、オープンソースワークショップなどNetCommons のカスタマイズが得意な会社と組んで、NetCommons でのサイト構築提案は、今が旬のビジネスかもしれません。
21:35 | 投票する | 投票数(0) | 最近の構築事例
2013/12/29

google trend

Tweet ThisSend to Facebook | by:webmaster
NetCommons のトレンド


google trend を見る限り、注目度は落ちてきています。
トレンドを右肩上がりにするのは、NetCommons の課題です。研究者の間や教育分野では、NetCommons は有名ですが、一般のIT関係者や企業はNetCommons のことは知らないのが通常でしょう。


21:23 | 投票する | 投票数(0) | NetCommons 統計情報

カウンタ

COUNTER27235